自己啓発本とは?100冊以上読んだ私が気づいたこと

2020年5月24日

 

どうもKenzoです。

私は、就職してから多くのことに悩み

累計100冊以上の自己啓発本を読みました。

悩みすぎですよね。笑

そんな私から、自己啓発本についてご紹介させていただきます。

 

自己啓発本とは?

自己=自らを

啓発=教え導く

本です。

 

私自身が経験し、苦しんでいることは

先輩方がが当の昔に経験済みのことばかりです。

 

先輩方が悩んだ時に、どのような考え方で乗り越えたのか?

 

ということが、まとめてある本ということです。

 

自己啓発本を利用するメリット、デメリット

自己啓発本を利用するメリット

1.モチベーションが上がる

読んだ後は、凄いです。

「早く仕事をしたい」

そんな気分になることができます。

 

2.ポジティブになれる

基本的に、悩んでいる人に向けての本になっているので

読み終わった後は、前向きになることが多いです。

 

3.成功者の気分になる

本を出すような方は、基本的に何かしらの成功者ばかりです。

ある程度の実績がなければ、自己啓発本を出すことは難しいでしょう。

なので、成功者が書いた方を読んだことで自分自身も成功しているような気持ちになります。

 

自己啓発本を利用するデメリット

1.できない自分を責めてしまう

本に書いてある通りにできない自分を責めてしまう。

「こんな時はこうしなければいけないのに…」

頭では、わかっていても実行するのは、なかなか難しかったりします。

 

2.抽象的な内容が多い

自己啓発本の内容は、感情の持ち方や物事の捉え方など

実生活の行動までには、落とし込みずらい内容のものが多いです。

 

自己啓発本を100冊読む位必要なんてない

自己啓発本は、

「悩みを解決するため」

にある本だと思います。

100冊以上読んだ私ですが

しっかりと実践できているのは、ごく一部です。

また、問題にぶつかった時に自己啓発本の力を利用させてもらう

 

自己啓発本を100冊以上読むことが重要なのではなく

 

「その時に応じた、問題を解決できるような、自己啓発本を見つる」

 

ということが重要です。

 

まとめ

一口に自己啓発本といっても、多くの種類の本が出版されています。

今の自分にあった本を見つけるというだけでも、とても大変な作業です。

 

私自身、多くの悩みをもち

多くの自己啓発本を読んできました。

 

自己啓発本は、

自分の世界を広げる考え方を与えてくれたりと

自分の人生をよりよくしてくれる素晴らしいものだと思います。

 

悩んだ時は、少し立ち止まり、先人たちの声に耳を傾けてはいかがでしょうか?

 

 

-

Copyright© Kenzoblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.