雑記

公務員あるある30選|田舎の市役所は大変…

2020年8月3日

困った人
公務員って、どんな感じ?

実際のあるある聞きたい

こんな疑問に答えます。

<この記事を書いた人>

こんにちは、Kenzoです。

公務員って実際のところどうなの?という疑問に対して

現役の地方公務員の立場から、あるあるを紹介しています。

ほとんど悲しい現実が多いです。笑

本記事を読むと、公務員ってこんな感じなんだ。こんな問題があるんだと知ることができます。

最後まで見ていってね〜1

 

目次

公務員あるある1〜10

1:給料が安すぎ

残業ない場合、20代の手取りは20万を超えることありません。

若手職員は、残業を喜ぶ傾向にあります。

 

2:残業が多い

部署によりますが、忙しいところは、とにかく仕事が終わりません。

福祉関係、教育関係、子育て支援関係は、かなり残業が多いです。

季節労働的には、税務課も繁忙期には、夜中0時を超える場合があります。

 

3:仕事以外のグレーな仕事が多い

地域のイベントやボランティアの参加など、積極的に参加しなければなりません。

もちろん時間外手当はありません。

 

4:募金の宣伝多い〜

職場で様々な募金のお願いの文書が回ってきます。

募金する職員も多く、募金をせざるを得ない雰囲気がすごい。

 

5:紙の無駄遣い半端ない

メールで届いた文書や起案文書など、とにかく印刷することが多いです。

印刷ミスが起こることもあり、とにかく紙、紙、紙だらけ。

 

6:財政課、企画課はエリート扱い

人を動かす部署は、お金を牛耳る部署、新しい事業を企画する部署などはエリート扱いされます。

「将来は幹部候補だね。」など噂される機会が多くなります。

 

7:小さな事務所に飛ばされたら、なんか問題が…

合併後に残っている事務所など、若手のうちにそんなに仕事のない部署に飛ばされた場合、何か問題をやらかした可能性が高いです。

基本的に若手のうちは、様々な部署で経験を積むのが一般的です。

仕事で大きなミスをしたり、メンタルで病んでいたり等、の理由があった場合、飛ばされるケースがあります。

 

8:嫌な仕事の時は、とにかく休めば異動させてくれる

最近のゆとり世代に多いですが、異動先が気に入らない場合、とにかく休みます。笑

すると、それを見かねた人事が異動させてくれるというケースが見られます。

嫌な部署の時は、思い切って休みまくりましょう。

 

9:やる気ある職員少なすぎ

何かを変えたろう、地域のためにもっと頑張ろうなんて思っている職員は少ないです。

もちろん、仕事を始めた当時はそういう気持ちもあったかもしれません。

市役所の仕事自体が、やる気が出にくい構造のため、次第にやる気を失っていく職員が多いです。

 

10:近隣市町村と足並み揃えすぎ

新しいこと事業や条例を帰る場合など、とにかく近隣市町村と合わせなければいけません。

近隣と合わせなければ、隣の町はこんな制度なのに、うちはどうして違うんだと、苦情の原因になりかねないからです。

 

公務員あるある11〜20

11:浮気の噂がすぐ広まる

狭いですからね〜

本当によくやりますよ。

意外と40代くらいの人同士の浮気とか、あります。

 

12:朝めちゃくちゃ早くきてる人がいる

中には、ごっついやる気ある人がいるんですね。

市役所は、だいたい午前8時15〜30分に仕事が始まりますが、7時にはきている人がちょこちょこいます。

 

13:なんとかして、とにかく残業する人がいる

逆に、時間外手当を稼ぐために、どうにか口実をつけて残業する人がいます。

それも、ほとんど毎日。

同じ職員として、悲しくなりますが、本人が残業が必要といえば周りはどうすることもできません。

 

13:問題児扱いされてしまえば、こっちのもん

一度、思い切り問題を起こしてしまえば、忙しい部署や、重要な部署に配属されることはありません。

公務員は、どんな部署でも給与は一緒なので、楽な仕事がしたい方は、この方法が一番かもしれません。

 

14:失恋して仕事来なくなるやつがいる

稀に、発生しますね。

職場恋愛はほどほどに。

 

15:アホな議員が多い

本当に意味わからん質問をする議員が多い。

そんなことに対応させられる職員の立場にもなってもらいたい。

 

16:イベントがあったら、ボランティア出勤を要求される

職場によっては、地域全体のイベントだからということで、ボランティアで働かさせられます。

 

17:春になるとクレーマーが増える

暖かくなると、出現しだします。

常連のクレーマー、そして新規のクレーマー。

暖かくなると、テンションが上がるんでしょうね。

 

18:とにかくお菓子をあげまくる人がいる

何かと、お菓子くれる人がいます。

しかし、そんな人はお菓子で釣ってやろうという、やらしい気持ちを持っている場合が多い。

 

19:仕事ができる人より、仕事ができない人の方が年収が上

事実です。不思議な現象ですよね。

仕事ができない人の方が、結果的に残業が増えます。

 

20:誰もが知るクレーマーがいる

どこの部署にも現れる有名なクレーマーがいます。

有名すぎて、逆に愛着が湧いたりします。

 

公務員あるある21〜30

21:ボーナス時期になると、地域の人からの羨望の眼差し

「そろそろボーナスなんじゃないの?」

という質問が周りから出始めます。

そうですけど!だから、なに?と言いたくなりますね。

 

22:年度末異動時期はそわそわ

3月ごろになると、みんなそわそわします。

同じ庁内をぐるぐる回るだけ、大した変化はないと思うのですが、、、

 

23:公務員にテレワークって、実際無理だよねってなる

コロナが発生し、テレワークが多くなりましたが、公務員の仕事でテレワークって無理ですよね。

結局、窓口対応はどうするの?

という話になります。

けど、導入されてほしい。

 

24:異動したら全く別の仕事が始まる

大まかなやり方は変わりませんが、仕事内容がかなり変わるため、覚えることが多いです。

本当に面倒臭い。

マニュアルも適当ですし、異動当初は大変です。

 

25:とにかく印鑑をめちゃくちゃおす

決済や回覧など、とにかく印鑑を押しまくります。

1日に何回押してるんでしょうか。

どの仕事でもそうなのでしょうか?

 

26:庁内の挨拶は「す〜」

「おはようございます」「お疲れ様です」も全て「す〜」で統一されています。

とりあえず、「す〜」と言っとけば、なんとかなります。

 

27:意外とパワハラ上司います

意外といます。怖いです。メンタルやられる職員もいます。

気をつけましょう。

 

28:メールをめちゃくちゃ印刷する

メールにいろんな資料が添付されていても、とにかく印刷します。

紙の無駄使いがひどい。

 

29:休日に何してたかかすぐバレる

「〇〇くん昨日あそこにいたでしょ〜」

と言われます。プライベートもクソもあったもんじゃありません。

 

30:採用当初の研修期間短すぎ

とにかく2〜3日で終わります。

あとは、実践で頑張ってね、と突き放されます。

もう少し研修してほしい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

おそらくどこの市町村にも、似たような事例があるのではないかな〜と思います。

 

本記事をみている方は、現役の公務員の方や、これから公務員になろうとする方が多いのかな〜と思います。

少しでも共感してもらえたり、新たな発見があると嬉しです。

 

今回はこの辺で、ではっ!

-雑記

Copyright© Kenzoblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.