副業

イデコ(iDeCo)のおすすめ口座はどこ?|徹底比較

2020年8月11日

困った人
イデコ(iDeCo)始めたいけど、どこの口座を開設すればいいのかわからない。

イデコ(iDeCo)金融機関によって、何か差があるの?

 

こんな疑問に答えます。

 

老後2000万問題があったように、将来が不安な方が多いのではないでしょうか?

 

私自身もとても不安に感じています。

 

これからの時代は、年金だけではなく、個人で備えておくことが必要となります

 

将来への備えとして、イデコ(iDeCo)はとても有効です。

 

今回は、イデコ(iDeCo)のオススメ口座についてご紹介します。

 

本記事を読むと、どのような視点でイデコ(iDeCo)を始める金融機関を選べばいいのか、知ることができますよ。

 

 

では、いってみましょう。

 

イデコ(iDeCo)おすすめ金融機関

イデコ(iDeCo)を始めるためには、証券口座を作る必要があります。

 

証券口座は、投資信託や株取引を行うために必要な口座のことです。

 

証券口座は、お近くの銀行やゆうちょ銀行、ネット証券会社で作ることができます。

 

イデコ(iDeCo)を始める場合、この証券口座をどこで開設するかによって、手数料などに差があります。

 

なので、金融機関に違いをよく理解した上で、証券口座を開設し、イデコ(iDeCo)を始める必要があるんですね

 

それでは、イデコ(iDeCo)を証券口座を開設するにはどこがいいのか?というところを、各ポイントについて評価しながら、ご紹介したいと思います。

 

今回の選定のポイントは3つあります。

 

ポイント

  1. 手数料は安いか?
  2. 良い投資商品があるか?
  3. 将来への拡張性があるのか?

 

まずは、結論です。

イデコ(iDeCo)おすすめ金融機関ランキング

  • 1位:マネックス証券
  • 2位:SBI証券
  • 3位:楽天証券

 

 

では、ランキングについて、各ポイントで評価しながら解説します。

 

1位:マネックス証券

ポイント

  1. 手数料:◎
  2. 商品:◎
  3. 拡張性:◎

イデコ(iDeCo)を始める金融機関について、特にこだわりがないという方は、マネックス証券を選んで間違いありません。

各ポイントに置いても、最高の◎評価をしました。

ポイントの詳細について、記事の後半で説明しています。

 

2位:SBI証券

ポイント

  1. 手数料:◎
  2. 商品:◎
  3. 拡張性:△

手数料、商品ともに良いのですが、拡張性について△の評価です。

イデコ(iDeCo)は、定年までの長い目線で考える必要がありますので、商品登録数について、ある程度余裕を持っている必要があるんですね。

拡張性の詳細について、記事の後半で解説しています。

 

3位:楽天証券

ポイント

  1. 手数料:◎
  2. 商品:◯
  3. 拡張性:◯

商品と拡張性もあるのですが、最高とは言えない、という点で◯の評価でした。

しかし、投資関係は楽天で全て済ませたいという方は、楽天でも悪くはないと思います。

 

 

 

各社の手数料の比較してみよう

まずは、イデコ(iDeCo)に関するいろんな手数料について紹介します。

 

 

手数料 補足
口座開設手数料 2829円 最初だけ発生します。どこの金融機関でも同じ金額です。
事務手数料 月額:105円(年額:1260円) どこの金融機関でも同じ金額が発生します。
資産管理手数料 月額:66円(年額:792円) どこの金融機関でも同じ金額が発生します。
運営管理手数料 月額:0〜319円 金融機関によって差があります!
給付手数料 440円/回 どこの金融機関でも同じ金額が発生します。
還付手数料 1,488円/回 大体どこの金融機関でも同じ金額が発生します。

ざっと紹介するだけでも、これだけたくさんの手数料があります。

 

ほとんどの手数料は、どこの金融機関でもほとんど同じなのですが、運営管理手数料が金融機関によって差があることがわかると思います。

 

 

つまり、イデコ(iDeCo)を始めるときは、運営管理手数料がいくらなのかを把握してから、金融機関を選ぶことが重要なんですね。

 

それでは、各金融機関の運営管理手数料を比較してみましょう。

 

<運営管理手数料比較表(掛け金ありの月)>

各金融機関 運営管理手数料(月額)
マネックス証券 0円
SBI証券 0円
楽天証券 0円
みずほ銀行 0円か260円(条件あり)
ゆうちょ銀行 259円
ろうきん 310円

 

金融機関によって、運営管理手数料の違いがあることがわかると思います。

 

運営管理手数料は、毎月の費用ですので、出来るだけ運営管理手数料のかからない金融機関を選びましょう

 

良い投資商品があるのか?良い投資商品とは?

イデコ(iDeCo)では、掛け金で商品を選び購入し、そして掛け金をを運用してもらいながら資産を増やしていきます。

 

なので、どのような商品で自分の掛け金を運用していきたいか?ということがとても大切になってきます。

 

しかし、各証券会社によって、取り扱いの商品に違いがあるんです。

 

証券会社によっては、良い商品(投資先)がない場合があります。

 

なので、証券口座を開設するときは、購入したい商品(投資先)を決めてから開設するのが良いです。

 

では、「良い商品とは?」「良い商品を置いている証券会社はどこなんだ?」となりますよね。

 

 

おすすめは、ズバリ「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」です。

 

Youtuberとしても有名で金融知識豊富な両学長もおすすめしています。

 

 

おすすめポイント

  • 信託報酬が安い
  • 米国株式は成長し続けている
  • インデックスファンド

 

おすすめの商品である「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」を買えるのが、マネックス証券とSBI証券なんです。

 

将来への拡張性|さらに良い商品が出た時に備えておこう

2018年5月1日から、イデコ(iDeCo)で投資できる商品は35個までという取り決めがされました。

確定拠出年金制度等の一部を改正する法律の主な概要(2018年5月1日施行)

これは、イデコ(iDeCo)を始めた方が商品の購入を出来るだけ迷わないようにする目的があります。

 

あまり選択先が多すぎると迷ってしましますよね。

 

この決定により、証券会社では約35商品までしか提供できなくなりました。

 

<各社商品提供数比較表>

マネックス証券 楽天証券 SBI証券(セレクトプラン)
商品数 26本 32本 36本

 

マネックス証券や楽天証券には、登録上限の35本まで余裕ありますね。

 

SBI証券は、もうすでに登録数いっぱいです

 

今後も、より良い投資商品は増えてきます。

 

そのとき、登録数に余裕がなければ、より良い商品が登場しても、証券会社の商品として提供できなくなる恐れがあります

 

イデコ(iDeCo)は、退職までの期間を見据えて、長期にわたる資産運用ですので、登録数に余裕のある証券会社を選びましょう。

 

途中で証券会社を乗り換えることもできますが、手数料もかかりますし、手続きも面倒ですので、お気をつけください。

 

まとめ

今回のイデコ(iDeCo)を始める上での、証券口座を開設する金融機関選びのポイントは3つでした。

 

ポイント

  1. 手数料は安いか?
  2. 良い投資先商品があるか?
  3. 将来への拡張性があるのか?

 

各ポイントについて、まとめます。

 

まとめ

  • 手数料はどこも同じくらい。銀行では、手数料が高いところがあるので注意
  • 良い商品「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」が買えるのは、マネックス証券とSBI証券
  • 将来に向けて、商品登録数に余裕があるのは、マネックス証券と楽天証券

というような内容でした。

 

上記の内容を踏まえて、イデコ(iDeCo)おすすめ口座は下のとおりです。

 

おすすめ口座ランキング

  • 1位:マネックス証券
  • 2位:SBI証券
  • 3位:楽天証券

以上がおすすめとなっております。

 

イデコ(iDeCo)は、国も推進していますし、とてもメリットも多いです。

 

口座を開設する会社によっては、手数料を多く取られてしまったり、良い商品がなかったりと色々ありますので、気をつけてくださいね。

 

今回の記事を参考に、自分に最適な証券会社を見つけてもらえれば嬉しいです。

 

イデコ(iDeCo)を利用して、皆様の老後の生活が豊かになることを祈っています。

 

それではっ!

 

 

 

 

 

-副業

Copyright© Kenzoblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.