お悩み 副業

公務員の副業はバレる?バレない副業ってあるの?

 

こんにちは、地方公務員のミナオです。

 

公務員って、副業していいの?

バレたらどうなるの?

 

などなど、副業に興味あっても、周りにやってる人もいないし、なかなか一歩踏み出せないですよね

 

私は、どれだけ仕事を頑張っても給与に反映されないことに嫌気がさし、副業をやってみることを決意しました。

 

とは言っても、周りに相談できるわけもなく、色々と騙されながらも、ひとり一生懸命やってみました。

 

そんな私が、副業をやってみて、どんな時にバレるのか、実践しながらわかってきたことをご紹介します。

 

本記事を読むと、副業をする際にどんなことに気をつければいいのか、どうすれば職場にバレずに副業をすることができるのか知ることができますよ

 

それでは、いってみましょう!

 

公務員の副業は法律で禁止されている

公務員の副業は法律で禁止されています

地方公務員法 第38条
職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

引用:e-gov地方公務員法

公務員は基本的に副業をしてはいけないんですね。

ポイントは「営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない」ここですね。

しかし、公務員も投資運用系は許されています

法的に問題のない副業はこんなな感じ

できる副業

  • FX
  • 暗号通貨
  • 投資信託
  • 小規模の農業
  • 小規模の不動産投資
  • 執筆活動
  • スポーツの審判
  • 講師
  • 消防団
  • スポーツ指導

 

その他の副業は基本的に禁止されておりバレた場合処罰の対象となります

禁止されている副業

  • 転売
  • プログラミング
  • ブログ
  • バイトetc

公務員の副業がバレて、処分された事例

処分内容 処分対象 副業内容

減給90%3ヶ月間

  • 2008年
  • 市川市
  • 40代男性
  • オフィスビル清掃を7年間
  • 児童手当申請時の課税証明書でばれる
  • 上司の承認なし
停職4カ月
  • 2014年
  • 福岡市
  • 22年間ナレーションなどの声優活動
  • 年収は約200万円
  • 無申告でばれる
免職
  • 2014年
  • 陸上自衛隊
  • 20代男性
  • 同僚に偽ブランド品を販売
  • 利益は約20万円
  • 商標法違反と詐欺罪で起訴

 

なぜ公務員が副業をしていることがバレるのか?

基本的には税金の申告でバレることがほとんどですが、事例をあげてみると下のような感じです。

バレるパターン

  • 自ら副業をしている情報を漏らす
  • 副業しているところをに職場の人に見られる
  • 税金が増えてばれる

 

 

どうすれば公務員が副業をしていることをバレないようにできるのか?

あくまでも、公務員は副業をしてはいけない、バレた場合は処分の対象になることは説明の通りです。

 

危険を知った上で、どうしても副業をしたい方に向けて、先程のバレるケースに対する対策を説明します。

 

自ら副業していることを漏らす

コレに対する対策は、当然ですが「副業していることを誰にも話さない」ということです。

当たり前すぎるかもしれませんが、どうしても副業をしていると話したくなることもあるかもしれません。

決して、話さないようにしましょう。

 

副業しているところをに職場の人に見られる

アルバイトなど、実際に店頭に出る副業は誰かに見られる恐れがあります。

家業の手伝いなどは除いて、人に見られる可能性がある副業はやめるようにしましょう

つまり、見られない副業かつ匿名性がある副業であればバレる可能性は低くなります。

インターネットを利用した副業

  • インターネットで完結する転売
  • プログラミング
  • ブログ

このような副業は、しっかり身バレ防止対策を講じれば、副業していることをバレる危険性は下げられるでしょう。

 

税金が増えてばれる

これが一番多い理由かもしれません。

簡単にいうと、副業で収入が増えた場合、みなさんが納めている「住民税」が増えますよね。

その「住民税」は、職場の給与担当経由で納められている場合が大半なので、そこで明らかに、「住民税」高くなると副業していることがバレてしまうんですね。

税金の話は長くなりますので、別記事でまとめます。

そこを防ぐためには、申告の際に「別で納付」を選択で防げるケースがあります。

 

グレーな方法

公務員であっても、「家業を手伝う」ということは認められています。

あくまで、無償でという前提です。

 

つまり、家族がやっている事業を手伝う行為は処罰がしづらいんですね。

しかし、あなたが事業の中心であっては、もちろん処罰の対象となります。

あくまで、あなたは「家業の手伝い」という立場であるという体をとる。

という方法です。

例えば、ブログをしたい方であれば、家族や親族にブログをやってもらう、そして、その手伝いをやらせてもらう

というのが一つの方法です。

 

この方法であれば、収益が発生した場合も家族や親族の取り扱いになりますので、税金から副業がバレる心配をする必要はありませんよね。

 

その他の正統派の方法

勇気があれば、ますは職場の承認をもらうことも一つの手です。

各職場で、手続きについては用意されているはずですので、お金が必要に正当な理由が認められれば、承認をもらえる可能性があるかもしれません。

  • 家族がとんでもない借金を抱えてしまった
  • 親族の病気の治療代

などなどですね。

しかし、ほとんどの場合、副業の理由は収入アップ目的やスキルアップ目的だと思うと思いますので、そのような理由の場合は認められることはないでしょう。

 

オススメの副業は?

私は約10個ほどの副業にチャレンジしてきました。

その上での、個人的なランキングになります。

参考になれば嬉しいです。

1位:投資信託

ダントツの1位です。

理由

  • 法的に全く問題ない副業
  • リスクが低い(インデックス投資の場合)
  • 手間がかからない
  • 心の負担も少ない

本当に最強です。

副業を通して、ゆっくり資産を構築したい方はこれ一本だと思います。

やってみて、驚きましたが、結構増えます。

以下の記事でも解説していますので、興味のある方はぜひ。

2位:ブログ

ブログは稼ぐことは難しいですが、やりがいの得られる副業だと思います。

好きなことを書きながら、収入を得られる可能性がある点から上位にランクインです。

ポイント

  • 好きを追求することができる
  • 時間と場所を選ばない
  • 読者の需要を知ることができる
  • 文章能力の向上が期待できる

以下の記事でも詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

3位:転売

一番結果が出やすい副業です。

初心者が始めるならという着眼点から、3位にランクインです。

ポイント

  • 副業の基本が学べる
  • 結果が出やすい
  • リスクも少ない

こんな感じです。

詳しくは以下の記事でも紹介していますので、よろしければご覧ください。

まとめ:副業は面白い

いかがでしたでしょうか。

今回は副業はバレる?バレない?という観点から、できる副業やできない副業を紹介させてもらいました。

まとめますと

まとめ

  • 公務員の副業は法律で禁止されている
  • OKな副業とNGな副業がある
  • 工夫すれば副業もできる

こんな感じでした。

 

公務員の仕事は、収入はそんなに多くないですし、仕事のやりがいも少ないですよね。

 

私は、給与への不満や、仕事内容に対する不満など、仕事に対する不満をたくさん抱えている人間でした。

 

そんな思いから、たくさんの副業に挑戦してみることで、自分がいかに無能でちっぽけな人間であることを知ることができたと思っています。

 

副業って、興味はあっても、一歩踏み出すのになかなか勇気がいると思います。

 

ぜひ、私の経験が皆様のためになると嬉しいです。

 

それではっ!

 

 

-お悩み, 副業

Copyright© 公務員の副業 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.