転職

Webマーケティングに強い転職サイト・エージェント3選|経験談あり

2020年6月30日

困った人
・webマーケティング業界に転職したいけど、エージェントはどこがいいの?

・ブログ活かすために、webマーケティング業界に就職したい!

 

こんな疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • Webマーケティング系に強い転職サイト・エージェント3選
  • Webマーケティングのいい求人を探すコツ
  • Webマーケティング業界がおすすめの理由
  • まとめ:Webマーケティング業界にチャレンジしよう!

私の場合、個人ブログの経験から、さらなるスキルアップを求めて、地方公務員から転職活動をはじめました。

 

 

私は「Webマーケティング」という名前だけでもかっこいいと思っちゃいます。笑

 

 

簡単にWebマーケティング業界の魅力を紹介すると

  • 副業に生かしやすい
  • 独立しやすい
  • 業界の変化が激しいため、未経験からでも就職しやすい

 

という点があげられます。

 

 

そこで今回は、Webマーケティング業界に転職を考えている方向けに、実際に転職活動中の私から「Webマーケティング系に強い転職サイト」を紹介します。

 

Webマーケティング系に強い転職エージェント3選

結論は次のとおり

 

そもそもWebマーケティングって?

 

Webマーケティングと言っても、種類が色々あります。

ざっくり分けますと、3種類です。

 

  1. SEO(検索エンジン最適化)
  2. 運用型広告(リスティング、ディスプレイ、SNS、アフィリエイト)
  3. SNSマーケティング(Twitter、Facebook、Instagram、youtube)

一つずつ解説します。

 

<①SEO(検索エンジン最適化)>

 

簡単に言えば、「検索エンジンで上位表示させるぞ」ということです。

 

例えば、「男 脱毛」とGoogleで検索した時に、一番上に表示された方がクリックされやすいですよね?

 

でも、この上位表示させることが難しいため、SEO対策を行い、少しでも上に表示されるような取り組みをしていく、という感じです。

 

<②運用型広告(リスティング、ディスプレイ、SNS、アフィリエイト)>

Youtubeを視聴前に、流れる広告やGoogleで検索した時の広告などのことを言います↓

 

 

お金を払って、広告を載せる。

このような対策を、様々な媒体で行うという感じですね。

 

<③SNSマーケティング(Twitter、Facebook、Instagram、youtube)>

 

ひたすらに投稿していき、視聴者やユーザーに向けて発信していくという内容ですね。

 

Youtuberであれば、毎日配信を行い、登録者数を増やしていくぞ

 

という感じです。

 

 

 

転職エージェント会社が多すぎて迷う!

 

とにかくエージェント会社多い!笑

 

転職エージェントをざっくりまとめますと以下の通りです。

 

大手転職エージェント13社

  • リクナビ
  • マイナビ
  • doda
  • workport
  • マスメディアン
  • ギークリー
  • enエージェント
  • パソナキャリア
  • ビズリーチ
  • キャリアカバー
  • JACリクルートメント
  • レバテックキャリア
  • ISSコンサルティング

中小特化転職エージェント11社

  • ulogo
  • win3
  • シンフォード
  • プロの転職
  • akahai agent
  • アクシス
  • マテリアルパートナーズ
  • デジマージョブ
  • レンアド転職
  • キャリアパーク
  • ハタラクティブ

 

合計24社です。

簡単にあげただけでも、これだけあります。

多すぎますよね。笑

 

大手は求人数が多いですし、中小のエージェントは業界に詳しいです。

 

個人的に、大手1社登録してみるのがおすすめです!

 

少しでも転職を考えているなら、登録してみてください。

 

何と言っても、利用料無料です!

 

おすすめ大手転職エージェントはこちら↓

 

転職を考えているあなたに、一歩踏み出す勇気を与えてくれると思います。

私は、上記3つ全て登録しました。笑

 

転職のイメージが掴めますし、登録して本当によかったと思っています。

 

 

Webマーケティングのいい求人を探すコツ

これは、どんな業種でも一緒かもしれませんがいい求人の条件は以下の3つ

  1. 副業OK
  2. 完全リモートワーク
  3. フレックスタイム制有り

 

これだけ条件が揃えば、最高ですよね。

個人的に、転職活動してみた感想としては、未経験からこの条件は難しいと思います。

 

しかし、すでに、Webマーケティング経験が十分にある方であれば、上記条件で検索すると良いかと。

 

デキる人ほど副業をやっている。

マーケティングは、副業に生かしやすい職種です。

 

副業をすることで、本人のスキルアップにも繋がりますし、副業禁止の会社は時代遅れですね。

 

具体的な副業

  1. ブログの広告費で稼ぐ
  2. 個人でコンサルを受注し、稼ぐ

 

<①ブログの広告費で稼ぐ>

 

いわゆるブロガー、アフィリエイターの方々です。

 

Webマーケターをしながら、ブログで月収10万越えなど、よく聞く話ですね。

 

<②個人でコンサルを受注し、稼ぐ

 

本業で得た経験を元に、会社ほど大規模ではありませんが、コンサルをすることもできます。

  • 友人を通じての仕事の紹介
  • マーケティングに予算のかけられない中小企業からの依頼

上記のような仕事があるようです。

 

Webマーケティング業界がおすすめの理由

  • 業界が成長市場であること
  • 副業との相性がいいこと
  • 独立しやすい
  • 転職しやすい

業界が成長市場である

引用:株式会社矢野経済研究所

 

上記のとおりです。

見ての通りですが、これから、Webマーケティングの重要性が高まってくるでしょう。

副業との相性が良い

ブログやコンサルなど、副業との相性が抜群にいいです。

なので、Webマーケティング業界には、隠れた富豪がよくいるそうです。

 

独立しやすい

これは、副業の延長線上になるような話ですが、

本業で培ったスキルを元に、自分で会社を経営することも夢ではないでしょう。

 

転職しやすい

Webマーケティングの分野で言えば、3種類ありましたが、働き方も様々です。

 

  • 自社のコンテンツをマーケティングする。
  • マーケティングの外注先として、他社のマーケティングをする。
  • 自社でコンテンツを持ちつつ、コンサルもしている会社

など、マーケティングにも様々な仕事の形があります。

 

さらに、マーケティングという軸で、転職を重ね、スキルアップをすることで、自分の市場価値をあげ、年収アップさせていくこともできます。

 

 

まとめ:Webマーケティング業界にチャレンジしよう!

 

まとめます。

まとめ

  • Webマーケティング業界は3種類:①SEO、②広告、③SNS
  • 転職エージェントは、24社もある。とにかく、大手に登録してみよう
  • いい求人は、副業OK、リモート、フレックスタイム制。
  • Web業界は、発展市場であり、副業との相性がかなり良い

 

こんな感じです。

 

私も、自分で書きながら、Webマーケティング業界には夢があるな〜としみじみと感じました。

 

時代の流れが早く、勉強等は大変かもしれませんが、時代にマッチした、最高の職種だと思います。

 

皆さんも一緒にWebマーケティング業界にチャレンジしちゃいましょう!!

 

まずは、大手エージェントへの登録から!

 

 

 

 

-転職

Copyright© Kenzoblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.