お悩み 副業

公務員が副業でWebデザイナーってできるの?

こんにちは、地方公務員のミナオです。

 

公務員が副業でwebデザイナーをできるの?

 

こんな疑問に答えます。

 

webデザイナーって、デザインを作成することでお金を稼げるって、最高の副業ですよね。

 

本業以外にも役立つスキルがあるというのは、今後の人生においても良いことです。

 

しかし、公務員の副業は法律で禁止されていますよね。

 

いきなり公務員の立場を捨ててまでwebデザイナーをめざすのというのは、とても危険です。

 

まずは、小さくやりつつ力をつけていくのが一番です。

 

本記事では、公務員として働きつつ、webデザイナーの副業をする方法を解説していきます。

 

それでは、いってみましょう!

 

公務員が副業でwebデザイナーの仕事をできるのか?

基本はできません

なぜなら、法律で禁止されているからですね。

しかし、工夫をすれば可能です。

 

まずは、問題点について整理してみましょう。

 

公務員として働きつつ副業をするときの問題点が2つあります。

  1. 報酬ををもらってはいけない
  2. 守秘義務、職務専念義務がある

報酬をもらってはいけない

許可をもらわなければ、報酬をもらってはいけないと法律で決められています。

これを破った場合、処分の対象となります。

公務員は報酬をもらってはいけないんだね

守秘義務、職務専念義務がある

職員として働きながら、他のことをするんじゃない

など、社会的な目が厳しいんですね。

個人情報を扱っている仕事も多いため、そのような情報が犯される心配も危惧されています。

個人情報が扱っている仕事ということもあり、仕事以外のことをしないように規制されているんだね

 

副業のwebデザイナーをやる方法は?

副業としてwebデザイナーをやるためには先程上げた問題を解決する必要があります。

手っ取り早い解決策は協力者にやってもらいつつ、そのお手伝いをするという方法です。

詳しくは別記事でも解説しています。

 

いやいや絶対バレるでしょと思いますよね。

私もこの方法で様々な副業にチャレンジしてきましたが、大丈夫でした。

 

 

しかし、どうしてもあなたが主体でやりたい場合もありますよね。

その際は、3つの注意点があります。

 

  1. あなたの実名でやらないこと(身バレ防止)
  2. 報酬の受け取り主は、あなたではない人にすること
  3. あなたが副業をやってることを話さないこと

以上の点に気をつけることで、バレずらくなります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、Webデザイナーの副業をできるのかを解説させてもらいました。

 

まとめ

  • 公務員の副業は法律で禁止されている
  • 法律に抵触しなように副業をするとバレづらい
  • 一番無難なのは、「家業を手伝う」という形にすること

こんな感じでした。

 

Webデザイナーの副業はスキルが身に付けば、収入をあげていける副業だと思います。

 

今回紹介した内容に気をつけながら、チャレンジしてみてもらえると嬉しいです。

 

それではっ!

 

 

-お悩み, 副業

Copyright© 公務員の副業 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.